トップページ -> インストール,設定,利用 -> Windows ソフトウエア -> OpenCV 3.4.10 (旧バージョン)のインストール(Windows上)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

OpenCV 3.4.10 (旧バージョン)のインストール(Windows上)

Windows での,OpenCV 3.4(旧バージョン)のインストール手順をスクリーンショット等で説明する.OpenCV は, 実時間コンピュータビジョン (real time computer vision) の アルゴリズムと文書とサンプルコードの集まり.

新バージョンについては,別ページで説明している.)

このページでは,OpenCV 3.4 をインストールする次の2つの方法を説明する.特に必要がなければ,簡単な「1. OpenCV 3.4 Windows版のダウンロードとインストール」の方で行うこと.

  1. OpenCV 3.4 Windows版のダウンロードとインストール
  2. Windows で OpenCV 3.4 のビルドとインストール(ソースコードを使用)

サイト内の関連ページ

謝辞

OpenCV の作者に感謝します


OpenCV 3.4 Windows版のダウンロードとインストール

OpenCV 3.4 は旧バージョン.

  1. GitHub の OpenCV の Webページを開く

    https://github.com/opencv/opencv/releases

  2. バージョンを選ぶ

    旧バージョンである OpenCV 3.4 系列が欲しい場合は, OpenCV 3.4 系列の「Assets」を展開.

    [image]

    他のバージョン(例えば最新版)を選んだ場合でも,これ以降のインストール手順はほぼ同じになる

  3. Windows 版が欲しいので「opencv- ... -vc14_vc15.exe」というような名前のファイルを選ぶ.
    [image]
  4. ダウンロードが始まる

    [image]
  5. ダウンロードした .exe ファイルを実行する

    [image]
  6. 展開(解凍)先は既定(デフォルト)のままでよい.「Extract」をクリック

    [image]
  7. 展開(解凍)が終わると「opencv」というディレクトリができ,その中にファイルができるので確認する

    [image]
  8. 展開してできたディレクトリを, 分かりやすいディレクトリの下に移す

    ここでは,「C:\tools」というディレクトリを作り,そこに移すことにしている. ディレクトリ名は何でも良いが,分かりやすくて,日本語を含まないものがよい

    Windows のコマンドプロンプトを開き,次を実行

    mkdir C:\tools
    

    [image]
  9. C:\tools」の下に,先ほどできた「opencv」をコピーする

    [image]
  10. システム環境変数PATHに次の2つを追加

    C:\tools\opencv\build\bin
    C:\tools\opencv\build\x64\vc15\bin
    

    [image]
  11. システム環境変数 OPENCV_DIR を次のように設定する
    C:\tools\opencv\build
    

    [image]
  12. opencv_version, opencv_createsamples にパスが通っていることを確認する

    Windowsのコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行.

    エラーメッセージが出なければOK.

    where opencv_version
    where opencv_createsamples
    

    [image]

Python で OpenCV 3.4 を試用する

注意: Python で OpenCV を使うときは,pip でのインストールが良い.それは簡単に行うことができる.

ここでは,試用などのときに役立つと考えて, .pyd ファイルをコピーして使う方法を説明している.が, pip の管理外のファイルを使うことになるので,あとで混乱が生じる可能性がある. 試用が終わったら消すことを検討すること.

  1. Python 3 の場所を調べる

    %LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python37\Python.exe」のように表示される.複数表示されたときは,表示の一番上を使う.この結果は,あとの設定で使う.

    where python
    

    [image]
  2. OpenCV の Python 用のファイルがあるディレクトリに,カレントディレクトリを移動する操作

    python-3.7」のところは,使用している Python のバージョンに合わせること.

    cd c:\tools\opencv\build\python\cv2
    cd python-3.7
    

    [image]
  3. ファイルを確認

    dir /w
    
  4. ファイルを lib\site-packages 下にコピー
    %LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python37」のところは,「Python 3 の場所を調べる」で調べたディレクトリに置き換えること.

    copy *.pyd %LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python37\lib\site-packages
    
  5. OpenCV のサンプル画像 fruits.jpg のダウンロード
    画像ファイル fruits.jpg のダウンロード手順は,別ページで説明している.

    https://github.com/opencv/opencv/tree/master/samples/data で公開されている fruits.jpg を使用する(謝辞:画像の作者に感謝します)

  6. Pythonの画像表示プログラム

    Python プログラムを動かす

    • Windows では,「python」コマンドやPythonランチャーである「py」コマンド
    • Ubuntu では,「python3」コマンド

    ※  開発環境や Python コンソール(Jupyter Qt ConsolespyderPyCharmPyScripter など)が便利.

    import cv2
    bgr = cv2.imread('fruits.jpg')
    cv2.imshow("", bgr)
    cv2.waitKey(0)
    cv2.destroyAllWindows()
    

    画像が表示されるので確認. このあと,ウインドウの右上の「x」をクリックしない.画面の中をクリックしてから,何かのキーを押して閉じる


Windows で OpenCV 3.4 のビルドとインストール(ソースコードを使用)

ここから先は,cmake を用いて OpenCV をソースコードからビルドする手順を説明する.

すでに,上でインストール手順は説明したところである. インストールに成功して満足しているときは,ここから先は無視すること

OpenCV を NVIDIA CUDA ツールキットと連携させたい,OpenBLAS を使いたいなどの設定を行いたい場合は,ここから先の説明が参考になると考え,説明している.

前準備

Python のインストール

Python の URL: https://www.python.org/

Git, cmake のインストール

Git の URL: https://git-scm.com/

cmake の URL: https://cmake.org/download/

Visual C++ ビルドツール (Build Tools) のインストール

Windows での Visual C++ ビルドツール (Build Tools) のインストール手順: 別ページで説明している.

(NVIDIA GPU を使うとき)NVIDIA グラフィックスボード・ドライバのインストール

GPU とは,グラフィックス・プロセッシング・ユニットの略で、コンピュータグラフィックス関連の機能,乗算や加算の並列処理の機能などがある.

ダウンロードページ

詳細説明

(NVIDIA GPU を使うとき)NVIDIA CUDA ツールキットのインストール

CUDA とは,NVIDIA社が提供している GPU 用のプラットフォームである.

ダウンロードページ

TensorFlow 2.1 以上の GPU 版での,NVIDIA CUDA のバージョンは 10.1指定されている. TensorFlow 1.15の GPU 版での,NVIDIA CUDA のバージョンは 10.0指定されている. 指定されているバージョンより高いものは使わない. その根拠は次のページ. URL: https://www.tensorflow.org/install/source#common_installation_problems

詳細説明

(NVIDIA GPU を使うとき)NVIDIA cuDNN のインストール

ダウンロードページ

次のページには,TensorFlow 2.1 以上の GPU 版での,cuDNN のバージョンは 7.6.そして,TensorFlow 1.13 以上 TensorFlow 2.0 までの GPU 版での,cuDNN のバージョンは7.4 が指定されている.

URL: https://www.tensorflow.org/install/source#common_installation_problems

詳細説明

(オプション)OpenBLAS のインストール

OpenBLAS と連携させたいときは、前もって OpenBLAS をインストールしておく

(オプション)VTK のインストール

VTK と連携させたいときは、前もって VTK をインストールしておく

OpenCV 3.4 のインストール(ソースコードを使用)

OpenCV を C:\opencv にインストールする

  1. Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く.

    ※ 起動は,Windows のメニューで「Visual Studio 20..」の下の「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」(あるいは類似名のもの)を選ぶ

    ※ 「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」がないときは, Visual C++ ビルドツールのインストールを行う. Visual C++ ビルドツールのインストール手順は,別ページで説明している.

  2. OpenCV 3.4 のソースコードの入手

    旧バージョンの OpenCV のソースコードの入手は, 上で説明した「OpenCV 3.4 Windows版のダウンロードとインストール」の手順で行うのが簡単である.

    上で説明した「OpenCV 3.4 Windows版のダウンロードとインストール」の手順で, C:\tools に展開(解凍)したものとして説明を続ける.

  3. もともとの CMakeCache.txt は不要、かつ、邪魔になるので削除する.
    cd C:\tools\opencv\sources
    del CMakeCache.txt
    

    [image]
  4. Python 3 のバージョンを調べる

    バージョン 3.6 系列なのか、バージョン 3.7 系列なのか、調べる.この情報はあとで使う.

    下の実行例では、Python のバージョンは 3.7 系列(3.7.5) である

    python --version
    

    [image]
  5. Python 3 の場所を調べる

    %LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python37\Python.exe」のように表示される.複数表示されたときは,表示の一番上を使う.この結果は,あとの設定で使う.

    where python
    

    [image]
  6. cmake の実行

    cmake でのオプションについて

    • 「cmake -G "Visual Studio 16 2019"」

      下の手順は「cmake -G "Visual Studio 16 2019"」とある通り、 Visual Studio 2019 の Visual C++ ビルドツール (Build Tools) を使う場合の手順である.

    • パスの区切りは「\」でなくて「/」

      「C:\tools」ではなくて「C:/tools」のようにしている. 「\」は使わずに「/」を使う. これは、opencv_contrib の modules 下の cmake のエラーを回避するため.

    • Python 3 の設定

      次の設定は, 実際の自分のパソコンのファイルを検索し、 実際に存在するファイル名を設定すること

      • -DPYTHON_DEFAULT_EXECUTABLE=C:/Users/user/AppData/Local/Programs/Python/Python37/python.exe
      • -DPYTHON3_EXECUTABLE=C:/Users/user/AppData/Local/Programs/Python/Python37/python.exe
      • -DPYTHON3_INCLUDE_DIR=C:/Users/user/AppData/Local/Programs/Python/Python37/include
      • -DPYTHON3_LIBRARY=C:/Users/user/AppData/Local/Programs/Python/Python37/libs/python37.lib
      • -DPYTHON3_NUMPY_INCLUDE_DIRS=C:/Users/user/AppData/Local/Programs/Python/Python37/lib/site-packages/numpy/core/include

      ※ 先ほど調べた Python 3 のバージョンが、Python 3.6 系列のときは「python36.lib」となり、 Python 3.7 系列のときは「python37.lib」のようにとなる.

    cmake の実行手順例は次の通り

    cd c:\tools
    cd opencv
    rmdir /s /q build
    mkdir build
    cd build
    del CMakeCache.txt
    cmake -G "Visual Studio 16 2019" -T host=x64 ^
    -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE ^
    -DWITH_CUDA=Yes ^
    -DINSTALL_TESTS=ON ^
    -DINSTALL_C_EXAMPLES=ON ^
    -DWITH_PYTHON=ON ^
    -DOPENCV_SKIP_PYTHON_LOADER=ON ^
    -DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON ^
    -DBUILD_opencv_python2=OFF ^
    -DPYTHON_DEFAULT_EXECUTABLE=C:/Users/user/AppData/Local/Programs/Python/Python37/python.exe ^
    -DBUILD_opencv_python3=ON ^
    -DPYTHON3_EXECUTABLE=C:/Users/user/AppData/Local/Programs/Python/Python37/python.exe ^
    -DPYTHON3_INCLUDE_DIR=C:/Users/user/AppData/Local/Programs/Python/Python37/include ^
    -DPYTHON3_LIBRARY=C:/Users/user/AppData/Local/Programs/Python/Python37/libs/python37.lib ^
    -DPYTHON3_NUMPY_INCLUDE_DIRS=C:/Users/user/AppData/Local/Programs/Python/Python37/lib/site-packages/numpy/core/include ^
    -DBUILD_EXAMPLES=ON ^
    -DWITH_OPENGL=ON ^
    -DOPENCV_ENABLE_NONFREE=OFF ^
    ..\sources
    

    [image]

    ■ 別のcmake の実行手順例は次の通り(参考のため)

    ここでは,Visual Studio 2015, Anaconda を使うように設定.

    cd C:\tools\opencv
    rmdir /s /q build
    mkdir build
    cd build 
    cmake -G "Visual Studio 14 2015 Win64" -T host=x64 -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE -DWITH_PYTHON=ON -DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON -DBUILD_opencv_python3=ON -DPYTHON3_EXECUTABLE=C:\ProgramData\Anaconda3\python.exe -DPYTHON_DEFAULT_EXECUTABLE=C:\ProgramData\Anaconda3\python.exe -DPYTHON_INCLUDE_DIR=C:\ProgramData\Anaconda3\include -DPYTHON_LIBRARY=C:\ProgramData\Anaconda3\pkgs\python-3.6.5-h0c2934d_0\libs -D BUILD_EXAMPLES=ON ..\sources
    

    [image]
  7. cmake の結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認する

    [image]

    Python 関係でエラーが出る場合には,いったん Python をあきらめることとし,

    • 上の「cd C:\tools\opencv\sources , del CMakeCache.txt」からやり直す
    • 上の cmake では,「-DWITH_Python=No」を付け加えて,やり直す

    CUDA関係でエラーが出る場合には,いったん CUDA をあきらめることとし,

    • 上の「cd C:\tools\opencv\sources , del CMakeCache.txt」からやり直す
    • 上の cmake では,「-DWITH_CUDA=Yes」を 「-DWITH_CUDA=No」に書き換えて,やり直す
  8. ソースコードからビルドし、インストールする

    cmake --build . --config RELEASE --target INSTALL
    

    [image]
  9. 結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認.

    ※ 黄色の警告メッセージは無視しても良い

    [image]
  10. Windowsのシステム環境変数Pathの設定

    次を追加する

    C:\tools\opencv\build\bin\release
    
  11. opencv_version, opencv_createsamples にパスが通っていることを確認する

    Windowsのコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行.

    エラーメッセージが出なければOK.

    where opencv_version
    where opencv_createsamples
    

    [image]

OpenCV 3.4 を cmake-gui を用いてインストール(ソースコードを使用)

上に書いた「OpenCV 3.4 のインストール(ソースコードを使用)」では cmake コマンドを用いている. 「cmake コマンドを使うのではなく,ビジュアルに行いたい」という場合には,cmake-gui を用いてビジュアルに同じことを行うことができる. この下に手順を説明する.

OpenCV を C:\opencv にインストールする

  1. Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く.

    ※ 起動は,Windows のメニューで「Visual Studio 20..」の下の「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」(あるいは類似名のもの)を選ぶ

    ※ 「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」がないときは, Visual C++ ビルドツールのインストールを行う. Visual C++ ビルドツールのインストール手順は,別ページで説明している.

  2. もともとの CMakeCache.txt は不要、かつ、邪魔になるので削除する.

    ※ 上で説明した「OpenCV 3.4 Windows版のダウンロードとインストール」の手順で, C:\tools に展開(解凍)したものとして説明を続ける.

    cd C:\tools\opencv\sources
    del CMakeCache.txt
    

    [image]
  3. Python 3 のバージョンを調べる

    バージョン 3.6 系列なのか、バージョン 3.7 系列なのか、調べる.この情報はあとで使う.

    下の実行例では、Python のバージョンは 3.7 系列(3.7.5) である

    python --version
    

    [image]
  4. Python 3 の場所を調べる

    %LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python37\Python.exe」のように表示される.複数表示されたときは,表示の一番上を使う.この結果は,あとの設定で使う.

    where python
    

    [image]
  5. cmake-gui の実行
    cd C:\tools\opencv\sources
    cmake-gui .
    

    [image]
  6. cmake-gui の画面が開くので確認する

    [image]
  7. ディレクトリを設定する

    以下,次のように設定したとして説明を続ける

    [image]
  8. Configure」をクリック

    [image]
  9. ディレクトリを作成したいので「Yes」をクリック

    [image]
  10. 新しい画面が開く.Visual Studio の種類,プロセッサの種類を選ぶ.

    ※ ここでは, 「Visual Studio 15 2017 Win 64」を選んでいる. 実際に使用するものを選ぶこと.

    [image]
  11. 処理が終わるのを待つ

    あとで「OpenCVのビルドがうまくいかない」となったとき,ここの表示が手掛かりになる可能性がある.

    [image]
  12. 処理が終わったら,エラーメッセージが出ていないことを確認

    [image]
  13. Generate」をクリック

    [image]
  14. 処理が終わったら,エラーメッセージが出ていないことを確認

    [image]
  15. C:\tools\opencv\x64_vc15\OpenCV.slnを開く

    [image]
  16. Visual Studio Communityが起動するので,確認する

    [image]
  17. 「ビルド」→「ソリューションのビルド」と操作して,ビルドする

    [image]
  18. しばらく待つ

    [image]
  19. ビルドの終了を確認

    [image]

    サイドバーの表示,非表示は,マウス操作でできる.n キーでもできる.

    [image]
  20. 確認のため, Windows のコマンドプロンプトで次を実行
    C:\opencv-3.4.1\x64\vc15\bin\Debug\opencv_traincascade.exe
    

    使用法 (Usage) が表示されたら成功.

    以下,書きかけ

  21. OPENCV_EXTRA_MODULES_PATHを「C:/opencv_contrib-master/modules」のように設定 PYTHON3_EXECUTABLE, PYTHON3_INCLUDE_DIR, PYTHON3_LIBRARY を次のように設定。
  22. システム環境変数PATHに次の2つを追加 C:\opencv-3.2.0\x86\vc14\bin\Release C:\opencv-3.2.0\x86\vc14\bin\Debug
  23. システム環境変数OpenCV_DIRにC:\opencv-3.2.0\x86\vc14を設定. Windowsの PowerShell を開き,次のコマンドを実行. [Environment]::SetEnvironmentVariable('OpenCV_DIR', 'C:\opencv-3.2.0\x86\vc14', 'User')

  24. (書きかけ)動作確認
    1. Windowsの PowerShell を開きなおして,「opencv_traincascade.exe」を実行し,使用法 (Usage) が表示されたら成功.
    2. CMakeLists.txt を次のように作成
      cmake_minimum_required(VERSION 2.9)
      add_executable(hoge main.cpp)
      project(hoge)
      set(OpenCV_DIR "C:/opencv-3.2.0/build")
      find_package(OpenCV REQUIRED)
      include_directories( "C:/opencv-3.2.0/build/include")
      target_link_libraries(hoge ${OpenCV_LIBS})
      set(CMAKE_BUILD_TYPE Release)
      

      ※次のように変えて試している途中

      cmake_minimum_required(VERSION 2.9)
      set(OpenCV_ARCH "x86")
      set(OpenCV_DIR "C:/opencv-3.2.0/build")
      include_directories( "C:/opencv-3.2.0/build/include")
      find_package(OpenCV REQUIRED)
      
      file(GLOB srcs ./*.cpp ./*.h*)
      add_executable(hoge main.cpp)
      target_link_libraries(hoge ${OpenCV_LIBS})
      set(CMAKE_BUILD_TYPE Release)
      

      main.cpp を次のように作成

      #include 
      #include 
      #include 
       
      int main(int argc, char **argv)
      {
          cv::Mat image = cv::imread( "lena.jpg", cv::IMREAD_ANYCOLOR );
          cv::namedWindow( "window", cv::WINDOW_AUTOSIZE );
          cv::imshow( "window", image );
          cv::waitKey( 0 );
       
          return 0;
      }
      

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]