トップページインストール,運用Windows の種々のソフトウエアのインストールOpenPose 1.7.0 のインストール(Windows 上)

OpenPose 1.7.0 のインストール(Windows 上)

OpenPose は AI による姿勢,手,足,表情の認識ソフトウエア.Pythonインタフェースもある.

URL: https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose

ライセンス: 「ACADEMIC OR NON-PROFIT ORGANIZATION NONCOMMERCIAL RESEARCH USE ONLY」 https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose/blob/master/LICENSE のように定められているので,利用者側で確認すること.

このページでは,Windows での,OpenPose のインストール手順をスクリーンショット等で説明する.

【サイト内の関連ページ】

謝辞:このWebページで紹介する OpenPose ソフトウエアの作者に感謝します

前準備

7-Zip のインストール

(NVIDIA GPU を使うとき)NVIDIA グラフィックスドライバ,NVIDIA CUDA ツールキット 11.4.1 ,NVIDIA cuDNN 8.2 のインストール

GPU は,グラフィックス・プロセッシング・ユニットの略で、コンピュータグラフィックス関連の機能,乗算や加算の並列処理の機能などがある.

NVIDIA CUDA は,NVIDIA社が提供している GPU 用のプラットフォームである.

インストール手順の説明

Windows での NVIDIA グラフィックスドライバ,NVIDIA CUDA ツールキット 11.4.1NVIDIA cuDNN 8.2 のインストール: 別ページで説明している.

関連 Web ページ

OpenPose 1.7.0 のインストール

  1. Web ブラウザで、OpenPose のリリース(release)のWebページを開く

    https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose/releases

  2. ファイルを選ぶ

    「Assets」が展開されていないときは展開する.

    [image]

    Windows 版が公開されているもののうち、最新のものを選ぶことにする. CPU版,GPU版を選ぶことができる

    [image]
  3. ZIP ファイルのダウンロードが始まる

    [image]
  4. ダウンロードした .zip ファイルを、 C:\ の直下展開(解凍)するなど,分かりやすいディレクトリに置く.

    Windows での展開(解凍)のためのソフトには,「7-Zip」などがある.

  5. C:\ の直下に展開(解凍)した場合,openpose-1.7.0-binaries-win64-gpu-python3.7-flir-3d_recommended のようなディレクトリができるので確認する

    [image]
  6. Windows のシステム環境変数 Path に次の値を追加し,パスを通す

    Windows での環境変数の設定は,マイコンピュータを右クリック → プロパティ→ 詳細設定 → 環境変数をクリック

    Windowsの画面の表示では、「\」(円マーク)が表示される

  7. modelsの下の getBaseModels.bat を実行する

    モデルデータがダウンロードが始まる。しばらく待つ

    cd C:\openpose-1.7.0-binaries-win64-gpu-python3.7-flir-3d_recommended
    cd openpose
    cd models
    getBaseModels.bat
    

    [image]
  8. 終了の確認

    [image]

使ってみる

デモの実行

次のように実行する

cd C:\openpose-1.7.0-binaries-win64-gpu-python3.7-flir-3d_recommended
cd openpose
bin\OpenPoseDemo.exe --video examples\media\video.avi

[image]