トップページインストール,運用Blender逆力学(MakeHuman 1.2, Blender 2.93.4 を使用)(Windows 上)

逆力学(MakeHuman 1.2, Blender 2.93.4 を使用)(Windows 上)

逆力学のアニメーションを作成する. MakeHuman 1.2, Blender 2.93.4 を使用

【サイト内の関連ページ】

前準備

Blender のインストール

MakeHuman のインストール, Blender での設定

次のことが終わっていること.

Windows での MakeHuman のインストールとBlender の MHX2 アドオンのインストールの手順: 別ページで説明している.

MakeHumanで、mhx2形式で、人体データのエクスポート.Blender 2.93.4 でインポート

逆力学(IK)を行うために,Blender でのインポート時に「MHX」を選ぶ.

骨格(アーマチャ)を動かすと,骨格につながるオブジェクト全体が動くのが順方向の力学である.

オブジェクトを動かすことで,その結果,骨格(アーマチャ)が動く(同時にオブジェクトの他の部分も動く)のが逆力学(IK)である.

  1. MakeHuman で、人体に骨格(Blenderでは「アーマチャ」ともいう)を付ける

    「ポーズ/アニメーション(Pose/Animate)」 を選び、「リグプリセット」として None 以外を選ぶ.

    ※ 既定(デフォルト)では「None」になっている.「種類」として「Default」を選ぶ。これで骨格が付く.

    [image]
  2. mhx2形式でエクスポートしたいので、「ファイル(Files)」を選び、 「エクスポート(Export)」を選び、 「MakeHuman Exchange (mhx2)」を選ぶ

    [image]
  3. ファイル名と、ディレクトリ名を設定したいので「...」をクリック.

    [image]
  4. ファイル名と、ディレクトリ名を設定.「保存」をクリックすると、エクスポートされる。

    ディレクトリは、分かりやすいディレクトリを選ぶこと。

    [image]
  5. ファイルができるので確認する

    [image]

このあとは Blender での操作である.

Blender 2.93.4 を用いて説明する.

  1. Blenderを起動する
  2. 中央の立方体は不要なので削除

    立方体を右クリックで選んでから、メニューで削除するのが簡単.

    [image]
  3. Blender でmhx2 形式のデータのインポート

    ファイル」→「インポート」 →「MakeHuman (.mhx2)」と操作する

    [image]
  4. 次の手順により,Blender でのインポート時に「MHX」を選ぶ.

    これは,Blender で逆力学(IK)を行うために必要な操作.

    1. Override Exported Data」をチェック

      [image]
    2. 「リギング」の下の「Add Rig」をチェック

      [image]
    3. 「Rig Type」は「Exported MHX」を選ぶ

      [image]
  5. .mhx2 形式データファイルを選ぶ.「Import MHX2」をクリック.

    [image]
  6. 読み込まれるので確認する

    [image]
  7. Nキーでシェルフを出し,「MHX2 Runtime」を選ぶ. (シェルフを閉じるときも N キー)

    [image]
  8. 「FK/IK」スイッチで,4箇所で,IK を選ぶ.

    逆力学(IK)を有効にする設定.

    [image]
  9. 移動ツールを有効にしたのち,オブジェクトを移動する.逆力学(IK)が有効になっていることが分かる.

    逆力学(IK)を有効にする設定.

    [image]