トップページ人工知能,実世界DBBlenderBlender のマテリアル,スムースシェード (smooth shade)(Blender 2.9 系列で説明)

Blender のマテリアル,スムースシェード (smooth shade)(Blender 2.9 系列で説明)

Blenderは,3次元コンピュータグラフィックス・アニメーションソフトウエア. 立体の編集,レンダリング、ライト(ライト)やカメラ等を設定しての3次元コンピュータグラフィックス・アニメーション作成機能がある.

【目次】

  1. 前準備
  2. Blender の基本操作(短縮版)(Blender 2.9系列で説明)
  3. 球(UV球),円柱,平面の作成
  4. マテリアルを学ぶ
  5. アルファブレンドによる透明化を学ぶ
  6. 全体まとめ

【サイト内の関連ページ】

謝辞:Blenderソフトウエアの作者に感謝します

参考 Web ページ

前準備

Blender のインストール

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

Blender の基本操作(短縮版)(Blender 2.9系列で説明)

【サイト内の関連ページ】: Blender の画面構成と基本操作(Blender 2.9 系列で説明)

オブジェクトの選択

オブジェクト等の移動、回転、拡大縮小

[image] [image] [image]

R」キーを1回だけ押すと,視点を基準として回転

[image]

R」キーを2回押すと,3軸の回転

[image]

立体の新規作成

3Dビューポートの視野の操作

3Dビューポートで「作業視野」と「カメラ視野」との切り替え

※ メニューの「ビュー (View)」の「視点」の「カメラ (Camera)」でも切り替わる

カメラを「カメラ視野」に固定する(解除する)

元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)

元に戻す,やり直すは,メニューでできる.

[image]

ショートカット

球(UV球),円柱,平面の作成

ここでの Blender の設定

このページでは,ここに書いた設定を終えた状態で,スクリーンショットを載せている. (ここに書いた設定を行わなくても,細かな画面表示が変わるだけで問題ない).

球(UV球),円柱,平面の作成

シーン内に球(UV球),円柱,平面を作成する. それぞれの立体は,違う場所に置く(重ならないようにする).

[image]
  1. 球(UV球)を追加する

    立体の追加(新規作成)は,メニューでできる.[SHIFT] a キーでもできる.

    [image]
  2. カーソルを,別の場所に移動する

    カーソルの移動は,ツールバーのカーソルツールでできる.カーソルツールを選んだあとで,左クリック..

    [image]
  3. 今度は,円柱を追加する

    立体の追加(新規作成)は,メニューでできる.[SHIFT] a キーでもできる.

    [image]
  4. カーソルを,別の場所に移動する

    カーソルの移動は,ツールバーのカーソルツールでできる.カーソルツールを選んだあとで,マウスの左クリック

    [image]
  5. 今度は,平面を追加する

    立体の追加(新規作成)は,メニューでできる.[SHIFT] a キーでもできる.

    [image]

この時点での Blender ファイル:02.blend

立体の配置,サイズの調整

立体の配置,サイズを調整する

[image]
  1. 平面を選択する

    選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,ツールバーの選択ツールを選んだあとで,左クリック.

    [image]
  2. 平面を拡大縮小しておく.拡大縮小(スケール)ツールを利用する.

    拡大縮小(スケール)ツールへの切り替えは,s キーでもできる.

    [image]
  3. 球と円柱移動して,平面のオブジェクトのに,球と円柱が乗っているようにする.(見栄えの問題なので、だいたいで良い).

    [image]
  4. このとき,ビューの回転を行って,立体の配置を確認する

    ビューの回転は,インタラクティブナビゲーションでもできる.インタラクティブナビゲーションの「ビューを回転します」を左クリックしたままマウス移動

    ※ マウスの中ボタンを押しながらマウス移動でもよい.

    [image]

この時点での Blender ファイル:02a.blend

マテリアルを学ぶ

ルック開発モード,スタジオライトの設定,スムースシェードの設定

マテリアルを 3Dビューポートですぐに確認できるようにするために,3Dビューポートをルック開発モードに変える.スタジオライトの設定を行う.球と円柱はスムースシェードに設定する.

[image]
  1. まず,ルック開発モードに切り替える.

    ルック開発モードへの切り替えは,メニューでできる.

    [image]

    ルック開発モードは,立体のマテリアル等を調整するために,シーン内のライトを,簡単に切り替えながら確認するためのモードである.

  2. 次に,スタジオライトの設定を行う.

    スタジオライトの設定はメニューでできる.

    ここでは,一番左の city.exr を選んでいる

    [image]
  3. 球を選択する

    選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,ツールバーの選択ツールを選んだあとで,左クリック.

    [image]
  4. スムースシェードに設定する

    スムースシェードに設定するには,右クリックメニュー(オブジェクトコンテクストメニュー)でスムースシェードを選ぶ

    [image]
  5. 表示を確認する

    フラットシェーディングでは,個々のポリゴンが,そのまま描画される.スムースシェード (smooth shade)では,元のメッシュの形は変えずに,ポリゴンどうしの境界がなめらかになるように描画される.

    [image]

実習

円柱もスムースシェードに設定する.

[image]

スクリーンスペース反射の設定

次の手順で,スクリーンスペース反射 (Screen Space Reflection)を有効にする

  1. プロパティのレンダーで, スクリーンスペース反射をチェックする.

    [image]
  2. 他の立体からの反射光が映り込むようになる

    ※ 今のままでは分かりにくいので,あとで改めて確認する

    [image]

この時点での Blender ファイル:02b.blend

ベースカラー

マテリアルの種々ある項目のうち,ベースカラーを設定する.ルック開発モードで行う.

[image]
  1. 球を選択する

    選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,ツールバーの選択ツールを選んだあとで,左クリック.

    [image]
  2. プロパティの画面で,「マテリアル」をクリック

    [image]
  3. 下のように「新規 (New)」のボタンが表示されるときは,新規 (New)をクリック

    [image]
  4. マテリアルのプロパティを設定できる画面を確認

    [image]
  5. ベースカラー」の枠をクリック

    [image]
  6. 色を選ぶ

    [image]
  7. ルック開発モードで色を確認する.

    ルック開発モードへ切り替えてない場合は,切り替える

    [image]

実習

円柱,平面にもベースカラーを設定する.

[image]

粗さとメタリック (Roughness and Metalic)

マテリアルの種々ある項目のうち,粗さメタリックを設定する.スクリーンスペース反射を設定する.ルック開発モードで行う.

[image]
  1. 球を選択する

    選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,ツールバーの選択ツールを選んだあとで,左クリック.

    [image]
  2. プロパティの画面で,「マテリアル」をクリック

    [image]
  3. 今度は,スムースシェードで,粗さ(Roughness)を増減させる.増減はマウス操作でもできる.

    [image]

    [image] [image] [image] [image] [image] [image]
  4. 球の粗さ(Roughness)を「0.2」に設定し,次に進む

    [image]
  5. スムースシェードで,メタリック(Metalic)を増減させる.増減はマウス操作でもできる.

    [image]

    [image] [image] [image] [image] [image] [image]
  • 球のメタリック(Metalic)を「1.0」に設定し,次に進む

    [image]

    実習

    球,円柱のマテリアルを次のように設定しなさい

    [image]

    この時点での Blender ファイル:02d.blend

    スタジオライトを変えて,変化を見る

    スタジオライトでは,背景画像が設定されていること. そして,背景画像をもとに,ライトが設定されていることを確認.

    1. まず,現在のスタジオライトの設定を確認する.

      背景画像が設定されていること. そして,背景画像をもとに,ライトが設定されていることを確認.

      [image]
    2. スタジオライトを変えて,変化を見る

      [image] [image] [image] [image] [image] [image] [image]

    アルファブレンドによる透明化

    アルファブレンドによる透明化による透明化を行う.ルック開発モードにより確認する.

    [image]
    1. 球を選択する

      選択は,マウスの左クリック.左クリックで選択できないときは,ツールバーの選択ツールを選んだあとで,左クリック.

      [image]
    2. プロパティの画面で,「マテリアル」をクリック

      [image]
    3. 球にスクリーンスペース屈折を設定する

      [image]
    4. Alpha (アルファ)の値を 0以上1未満にする

      ※ 値が小さいほど透明になる

      [image]
    5. ブレンドモードは「アルファブレンド」を選んでみる.

      ※ 「不透明」のままにしていると,透明感の表現ができない

      [image]
    6. ルック開発モードで確認する.

      [image]
    7. Alpha (アルファ)の値を別の値に変えてみる

      [image]
    8. ルック開発モードで確認する.

      [image]
    9. ビューの回転を行い,半透明になっていることを確認する.

      ビューの回転は,インタラクティブナビゲーションでもできる.インタラクティブナビゲーションの「ビューを回転します」を左クリックしたままマウス移動

      ※ マウスの中ボタンを押しながらマウス移動でもよい.

      [image]

    実習

    円柱も半透明に設定してみなさい.

    [image]

    この時点での Blender ファイル:02e.blend

    全体まとめ