トップページ -> インストール,設定,利用 -> Windows ソフトウエア -> Windows で Visual C++ ビルドツール (Build Tools) のインストール(Chocolateyを利用)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Windows で Visual C++ ビルドツール (Build Tools) のインストール(Chocolatey を利用)

Windows で,Chocolatey を用いて Visual C++ ビルドツールをインストールする手順を説明する.

ここで行うこと

【このページの目次】

  1. Chocolatey のインストール
  2. Chocolatey を用いて、git, cmake, wget, 7zip をインストール
  3. Chocolatey でインストール済みのパッケージを一括更新
  4. Chocolatey を用いて、Visual C++ ビルドツール (Build Tools) のインストール
  5. 動作確認

注意事項. Chocolatey を使うと、種々のソフトウエアのインストールが楽になる. このとき、インストールしたソフトウエアの利用条件、ライセンス条項は必ず、確認すること.

特に、次のことに気をつけること

※ 「行いたい」というときには、それぞれのソフトウエアの利用条件、ライセンス条項を確認すること


Chocolatey のインストール

注意事項. Chocolatey を使うと、種々のソフトウエアのインストールが楽になる. このとき、インストールしたソフトウエアの利用条件、ライセンス条項は必ず、確認すること.

Chocolatey の Web ページの記載の手順に従う.

  1. Windows で,PowerShell を管理者として実行

    [image]
  2. Web ブラウザで,Chocolatey の Web ページを開く

    https://chocolatey.org/

  3. Get Started」をクリック

    新しい画面に変わるので確認する

    [image]
  4. 案内を確認する.ライセンス条項も利用者自身で確認すること.

    [image]
  5. PowerShell を管理者として実行.案内に従い,PowerShell で「Get-ExecutionPolicy」を実行す

    [image]
  6. その結果が「Restricted」だった場合には,案内に従い,PowerShell で「Set-ExecutionPolicy Bypass -Scope Process」を実行する

    [image]
  7. 引き続き,案内に従い,Webページに表示されているコマンドをコピーし,PowerShell で実行する

    [image]
  8. 実行の結果,エラーメッセージが出ていないことを確認する.

Chocolatey を用いて、git, cmake, wget, 7zip をインストール

  1. Windows で,コマンドプロンプトを管理者として実行

    [image]
  2. git, cmake, wget, 7zip をインストール

    ※ 実行のとき、エラーメッセージが出ないことを確認すること

    choco install -y git.install cmake.install wget 7zip.install
    

  3. Windowsのシステム環境変数Pathの設定

    ※ システム環境変数Pathは、すでに存在するはず.

    次のように,「C:\Program Files\CMake\bin」を付け加える.

    C:\ProgramData\chocolatey\bin
    C:\Program Files\Git\cmd
    C:\Program Files\CMake\bin
    

    Windowsの画面の表示では、円マークになる

    [image]
  4. システム環境変数 Path の確認

    いまのコマンドプロンプトで次を実行し,エラーメッセージが出ないことを確認.

    refreshenv
    where git
    where git-gui
    where cmake
    where cmake-gui
    where wget
    


Chocolatey でインストール済みのパッケージを一括更新

  1. 新しく、 Windows で,コマンドプロンプトを管理者として実行
  2. 更新の操作

    コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    choco upgrade -y all 
    

    [image]
  3. 実行の結果,エラーメッセージが出ていないことを確認する.

Chocolatey を用いて、Visual C++ ビルドツール (Build Tools) のインストール

Windows で, Visual C++ ビルドツール (Build Tools) のインストールを行う

ここでは、Chocolatey を用いてインストールすることにする。 「Visual C++ ビルドツール (Build Tools) for Visual Studio 2017」の利用条件やライセンス条項は利用者自身で確認すること

  1. Windows で,コマンドプロンプトを管理者として実行

    [image]

    [image]
  2. Windows SDK 10.1 と Visual C++ ビルドツール (Build Tools) のインストール

    時間がかかるので、しばらく待つ

    ※ 実行のとき、エラーメッセージが出ないことを確認すること

    ※ 「choco が無い」というエラーメッセージが出たときは、 Chocolatey をインストールする

    choco install -y windows-sdk-10.1
    choco install -y visualstudio2017-installer
    choco install -y microsoft-build-tools
    
  3. 次の手順で、Visual Studio Build Tools 2017C++ についての設定を行う
    1. C++ についての設定をしたいので、Visual Studio Installer (Visual Studio インストーラー)を起動

      Windowsのスタートメニューからの起動が簡単

    2. Visual Studio Build Tools 2017 の画面で「変更」をクリック

      [image]
    3. Visual C++ Build Tools」を選び、右下の「変更」をクリック

      [image]
    4. インストールが始まる.しばらく待つ.
    5. インストールが終わると、「インストール済み」と表示される

      [image]

動作確認

Microsoft Visual Studio の C/C++ をコマンドで使いたいときは, Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプトを使う.

  1. Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く.

    Windows のメニューで「Visual Studio 2017」の下の「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」(あるいは類似名のもの)を選ぶ

    以下の操作は,Native Tools コマンドプロンプトで行う

  2. 確認のため,VS 2017用 x64 Native Tools ラスベリーパイ(Raspberry Pi)と Windows パソコンをネットワーク接続

    エラーメッセージが出ていないことを確認.

    where cl
    

    [image]
  3. コンパイラの確認のため、 エディタを使って次のプログラムファイルを作成。「hello.c」のようなファイル名で保存.
    #include <stdio.h>
    int main() {
        printf("Hello,World!\n");
        printf("sizeof(size_t)=%d\n", sizeof(size_t));
        return 0;
    }
    

    [image]
  4. 引き続き,VS 2017用 x64 Native Tools ラスベリーパイ(Raspberry Pi)と Windows パソコンをネットワーク接続

    結果として,「Hello,World!」「sizeof(size_t)=8」と表示されればOK.

    cl hello.c
    .\hello.exe
    

    VS 2017用 x64 Native Tools コマンドプロンプトを用いたときの実行結果例

    [image]

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]