トップページ -> インストール,設定,利用 -> Windows ソフトウエア -> virtualenv を用いて Python バージョン3 環境の新規作成(Windows 上)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

virtualenv を用いて Python バージョン3 環境の新規作成(Windows 上)

Windows で,virtualenv を用いて 隔離された Python 仮想環境を新規作成する手順をスクリーンショット等で説明する.

【このページの目次】

  1. 前準備
  2. virtualenv を用いて Python バージョン3 環境の新規作成(Windows 上)
  3. virtualenv を用いて Python バージョン3.6(旧バージョン) 環境の新規作成(Windows 上)

先人に感謝.


前準備

Python のインストール

Python の URL: https://www.python.org/


virtualenv を用いて Python バージョン3 環境の新規作成(Windows 上)

  1. 新しく、 Windows のコマンドプロンプトを開く
  2. システムの python のバージョンの確認
    where python
    python --version 
    

  3. Python バージョン3 環境の新規作成

    Python仮想環境の名前: py3

    mkvirtualenv py3
    

  4. 確認
    lsvirtualenv 
    

    py3」という新しい Python 環境が作成されたことが分かる

  5. 確認 の続き

    新しく、 Windows のコマンドプロンプトを開く

    ※ 「workon py3」は、名前が py3 の 隔離された Python 仮想環境の使用を開始するためのコマンド. virtualenv の隔離された Python 仮想環境を有効化したいときに限る(「py3」のところは、Python仮想環境の名前に変えること)

    workon py3
    where python
    where py
    where pip
    

  6. 試しに、隔離された Python 仮想環境 py3 の Python を使ってみる
    workon py3
    python
    print(1 + 2)
    exit()
    


virtualenv を用いて Python バージョン3.6(旧バージョン)環境の新規作成(Windows 上)

  1. Python 3.6(旧バージョン)のインストール
  2. python.exe の確認
    where python
    

  3. Python バージョン3.6 仮想環境の新規作成
    mkvirtualenv --python=%LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python36\python.exe py36
    

  4. 確認
    lsvirtualenv 
    

    py36」という新しい Python 環境が作成されたことが分かる

  5. 確認 の続き

    新しく、 Windows のコマンドプロンプトを開く

    ※ 「workon py36」は、名前が py36 の 隔離された Python 仮想環境の使用を開始するためのコマンド. virtualenv の隔離された Python 仮想環境を有効化したいときに限る(「py36」のところは、Python仮想環境の名前に変えること)

    workon py36
    where python
    where py
    where pip
    

  6. 試しに、隔離された Python 仮想環境 py36 の Python を使ってみる
    workon py36
    python
    print(1 + 2)
    exit()
    


本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]