トップページ -> インストール,設定,利用 -> Windows ソフトウエア -> SQL Server 2017 Enterprise のインストール
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

SQL Server 2017 Enterprise のインストール

SQL Server 2017 Enterprise のインストールと,その ODBC 接続のための手順をスクリーンショット等で説明する. SQL Server は,リレーショナル・データベース管理システムである.


目次

  1. インストール手順
  2. SQL Server Management Tools のインストール
  3. ODBC データソースの作成
  4. ODBC データソースにA5:SQL MK-2 を用いて接続

SQL Server Enterprise 2017, SQL Server Management Tools のインストール

ここでの設定の概要

SQL Server Enterprise 2017 のインストール

  1. setup.exe を実行

    [image]
  2. SQL Serverインストールセンターの画面で、「インストール」をクリック

    [image]
  3. SQL Serverの新規スタンドアロン・インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加」をクリック

    [image]
  4. プロダクトキーを入力し、「次へ」をクリック
  5. ライセンス条項を確認し、「次へ」をクリック

    [image]
  6. Microsoft Updateの画面では、 「Microsoft Updateを利用して更新プログラムを確認する」をチェックして、「次へ」をクリック.

    [image]
  7. インストール・ルールの画面では,「次へ」をクリックする.

    [image]
  8. 機能の選択の画面では,

    その後,「次へ」をクリック.

    [image]
  9. インスタンスの構成の画面では.「既定のインスタンス」のままでよい.「次へ」をクリック.

    [image]
  10. サーバーの構成の画面.既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

    [image]
  11. データベースエンジンの構成の画面では 「混合モード(SQL Server認証とWindows認証)」をチェック 「現在のユーザーの追加」をクリックし,パスワードを適切に設定して,「次へ」をクリック

    [image]
  12. インストールの準備完了の画面では,「インストール」をクリック.

    [image]
  13. インストールが始まる

    しばらく待つ

    [image]
  14. インストール終了を確認し,「閉じる」をクリック

    [image]

SQL Server Management Toolsのインストール

  1. SQL Serverインストールセンターの画面で、「SQL Server Management Toolsのインストール」をクリック

    [image]

    Internet Explorer の警告表示が出たときは「後で確認する」をクリック

    [image]
  2. SQL Server Management Studio XX.X のダウンロード」をクリック

    [image]
  3. ダウンロードした .exeファイルを実行

    [image]
  4. ようこそ画面では、「インストール」をクリック

    [image]
  5. インストールが始まる

    [image]
  6. インストール終了の確認.「閉じる」をクリック.

    [image]
  7. 確認したいので,SQL Serverインストールセンターの画面で、「ツール」をクリックする.

    [image]
  8. インストール済みSQL Server機能の検出レポート」をクリック

    [image]
  9. 検出結果を確認する

    [image]
  10. SQL Server Management Studio を起動し、「接続」をクリックしてみる

    [image]
  11. 画面が変わる

    [image]
  12. 試しに、左側のメニューを展開し、データベースの一覧を確認してみる

    [image]

SQL Server へのローカル接続テスト

  1. SQL Server Management Studio を起動し、「接続」をクリックしてみる

    これは、共有メモリによる接続テスト

    [image]
  2. 画面が変わる

    [image]
  3. SQL Server Management Studio を閉じる
  4. 再び、SQL Server Management Studio を起動し、今度は、サーバー名の先頭に「tcp:」を付けて、「接続」をクリックしてみる

    これは、TCP/IP による接続テスト

    [image]
  5. 画面が変わる

    [image]

ODBC データソースの作成

準備として次のことを決めておく

  1. Windows 管理ツールを起動

    [image]
  2. Windows 管理ツールで「ODBCデータソース(64ビット)」を選ぶ

    [image]
  3. 種類として「システムDSN」を選び,「追加」をクリック.

    [image]
  4. 今回は「ODBC Driver 13 for SQL Server」を選び,「完了」をクリック

    [image]
  5. データソースの名前,接続するSQL Serverを設定する.

    接続するSQL Serverは,localhostあるいはSQL サーバー名を設定する

    [image]
  6. 統合 Windows 認証を使う」をチェックし,「次へ」をクリックする.

    [image]
  7. 新規のデータソースの設定は既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリックする.

    [image]
  8. 次の設定は既定(デフォルト)のままでよい.「完了」をクリックする.

    [image]
  9. データソースのテスト」をクリックする.

    [image]
  10. データソースのテストの結果,「テストは無事に終了しました」と表示されることを確認する.「OK」をクリックする.

    [image]
  11. 新規の ODBC データソースを作成したいので,「OK」をクリックする

    [image]
  12. ODBC データソースが作成されたことを確認の上,「OK」をクリックする

    [image]

ODBC データソースにA5:SQL MK-2 を用いて接続

A5:SQL MK-2 は便利なツール.作者に感謝.

  1. A5:SQL Mk-2 を起動
  2. 2か所にチェックし,「追加」をクリック.

    [image]
  3. ODBC での接続を行ってみたいので,「Microsoft SQL Server と SQL Server Compact」は選ばずに「ADO (OLE DB, ODBC)」を選ぶ.

    [image]
  4. 接続文字列を設定したいので,接続文字列の「・・・」をクリック.

    [image]
  5. Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers」を選び、「次へ」をクリック

    [image]
  6. 接続したいデータソースには,先ほど作成した ODBC データソースを選び,「接続のテスト」をクリック.

    [image]
  7. 「接続のテストに成功しました。」を確認し「OK」をクリック.

    [image]
  8. OK」をクリック.

    [image]
  9. 接続文字列を確認し,「OK」をクリック.

    [image]
  10. データベース別名を設定し,「OK」をクリック.

    [image]
  11. 閉じる」をクリック.

    [image]
  12. 試しに、先ほど作成した ODBC データソースを選び,右クリックメニューで、「データベースを開く」を選ぶ

    [image]
  13. 接続したいので,「接続」をクリック

    [image]
  14. 接続できたことを確認

    [image]
  15. データベースを選ぶ

    [image]
  16. 試しに、SQLを書いてみる
    create table T (
      id integer primary key not null, 
      name text, 
      weight real); 
    

    [image]
  17. マウスカーソルを先頭に移して(先頭部分をクリック)から、「SQLの実行」を選ぶ

    [image]
  18. エラーメッセージが出ていないことを確認

    [image]
  19. 「カレントスキーマ」を展開し,「テーブル」を展開し、いま定義したテーブル「T」を選ぶ.すると,テーブル編集画面が開く.これで,テーブル定義がうまくいったことを確認できた.

    [image]

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]