トップページ -> インストール,設定,利用 -> Windows ソフトウエア -> Boost 最新版をソースコードからビルドし、インストール(Visual C++ ビルドツールを使用)(Windows 上)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Boost 最新版をソースコードからビルドし、インストール(Visual C++ ビルドツールを使用)(Windows 上)

Windows で,Boost 最新版をソースコードからビルドして,インストールする手順をスクリーンショット等で説明する.ビルドには,Visual C++ ビルドツールを使用する.

【このページの目次】

Boost の利用条件などは、利用者が確認すること。次のWeb ページを活用してください

https://www.boost.org/users/license.html

謝辞

Boost の作者に感謝します


前準備

Git, cmake のインストール

Git の URL: https://git-scm.com/

cmake の URL: https://cmake.org/download/

Visual C++ ビルドツール (Build Tools) のインストール


Boost のインストール(Visual C++ ビルドツール (Build Tools) を使用)

  1. Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く.

    ※ 起動は,Windows のメニューで「Visual Studio 20..」の下の「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」(あるいは類似名のもの)を選ぶ

    ※ 「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」がないときは, Visual C++ ビルドツールのインストールを行う. Visual C++ ビルドツールのインストール手順は,別ページで説明している.

  2. Boost のインストールディレクトリを削除する
    mkdir C:\tools
    cd C:\tools
    rmdir /s /q boost
    

    [image]
  3. Boost のソースコードをダウンロード
    cd C:\tools
    rmdir /s /q boost
    git clone --recursive https://github.com/boostorg/boost
    

    [image]
    (以下省略)
  4. Boost.Build エンジンのビルド

    https://www.boost.org/doc/libs/1_72_0/more/getting_started/windows.html#simplified-build-from-source の記述による

    実行手順例は次の通り

    cd c:\tools
    cd boost
    .\bootstrap.bat
    

    [image]
  5. Windows で Boost を ソースコードからビルドし、インストールする

    終了までしばらく待つ

    https://www.boost.org/doc/libs/1_72_0/more/getting_started/windows.html#simplified-build-from-source の記述による

    cd c:\tools
    cd boost
    .\b2 --prefix="C:\tools\boost" ^
      --includedir="C:\tools\boost\include" ^
      --libdir="C:\tools\boost\lib" ^
      --build-type=complete ^
      toolset=msvc-16.0 install
    

    [image]
  6. 実行結果の確認

    ※ エラーメッセージが出ていないことを確認

    [image]
  7. システム環境変数 BOOST_ROOT の設定

    次のように設定する.実際のディレクトリに一致させること.

    C:\tools\boost

    [image]
  8. システム環境変数 BOOST_LIBRARYDIR の設定

    次のように設定する.実際のディレクトリに一致させること.

    C:\tools\boost\lib

  9. システム環境変数 LIB の設定

    次を追加する

    C:\tools\boost\lib

  10. システム環境変数 CPATH の設定

    次を追加する

    C:\tools\boost\include

  11. 動作確認

    Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプト管理者として実行し,次のコマンドを実行.

    cl /EHsc C:\tools\boost\libs\geometry\example\01_point_example.cpp ^
        /I C:\tools\boost
    

    [image]
    .\01_point_example.exe
    

    [image]

サンプルプログラムの紹介

作者に感謝します.

http://www.boost.org/doc/libs/1_62_0/more/getting_started/windows.html#build-a-simple-program-using-boost のものを記載.

#include 
#include <boost/lambda/lambda.hpp>
#include <iostream>
#include <iterator>
#include <algorithm>

int main()
{
	using namespace boost::lambda;
	typedef std::istream_iterator<int> in;

	std::for_each(
		in(std::cin), in(), std::cout << (_1 * 3) << " ");
}
  1. 上のプログラムを hoge.cpp のようなファイル名で保存.(拡張子は .cpp)
  2. 次のコマンドにより,コンパイルして実行
    cl /EHsc hoge.cpp /I C:\tools\boost
    .\hoge.exe
    

    [image]

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]