トップページ -> インストール,設定,利用 -> SQLite 3 とSQL 演習 -> Xerial SQLite JDBC ドライバのダウンロードとインストール
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Xerial SQLite JDBC ドライバのダウンロードとインストール

SQLite JDBC ドライバのダウンロードとインストールを行う.

あらかじめ決めておく事項

SQLite JDBC ドライバのインストールディレクトリを決めておくこと.この Web ページでは次のように書きます.

インストール手順

  1. SQLiteJDBC - Xerial - Trac の Web ページを開く

    https://bitbucket.org/xerial/sqlite-jdbc

  2. (重要)この Web ページの下の方にあるライセンス条項を必ず確認する.

    利用条件は,利用者で確認すること.

    [image]
  3. このページの上の方にある「Download」のところから,最新の jar ファイルをダウンロード

    [image]

    [image]
  4. ダウンロードしたファイルを分かりやすいディレクトリに置く.

環境変数 CLASSPATH の設定

環境変数 CLASSPATHに, SQLite JDBC ドライバのファイルをおいているディレクトリを追加.

Windows の場合

例えば「;C:\Program Files\Java」 を追加する場合

[image]

Linux の場合

例えば「;/usr/java」 を追加する場合

設定はこれで終わり.簡単です.作者に感謝.


試しに使ってみる

Windows の場合は接続文字列を次のように指定する.

Connection conn = DriverManager.getConnection("jdbc:sqlite:C:/db/mydb.sqlite");

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]