トップページ -> インストール,設定,利用 -> PostgreSQL -> pgAdmin 4 の主要機能
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

pgAdmin 4 の主要機能

pgAdmin 4は,PostgreSQL に関する各種操作を,簡単に行えるツール.

このページの目次

  1. データベース・一般ユーザのアカウント(ユーザ名とパスワード)作成
  2. データベースの作成と権限の設定
  3. SQL の編集と実行,SQL 実行結果のファイル出力
  4. テーブルの一覧表示と中身の表示と更新(行の追加,行の削除,値の更新)

前準備

PostgreSQL のインストール

あらかじめ決めておく事項

この Web ページでは,データベースの作成を行うので, 作成するデータベースのデータベース名と漢字コード(エンコーディング)を決めておくこと. この Web ページでは,次のように書く.

この Web ページでは, データベース・一般ユーザのアカウント作成するので, そのユーザ名パスワードを決めておくこと.このページでは次のように書く.

データベース・一般ユーザのアカウント作成データベースの作成と権限の設定には, PostgreSQL データベース管理者ユーザ名パスワード必要になるので,前もって調べておくこと. この Web ページでは,Postgres データベース管理者のユーザ名postgres と書く.


PostgreSQL への接続と切断

pgAdmin III で PostgreSQL を使うには, 最初に,pgAdmin III において,PostgreSQL への接続を行う必要がある. 以下,PostgreSQL データベース管理者 (postgres) として接続する手順を説明する.

  1. マスターパスワードの設定

    [image]
  2. オブジェクトブラウザで,PostgreSQL 12.0 (localhost:5432)右クリックし, 「Properties (プロパティ)」を選ぶ.

    [image]
  3. 使用するデータベース名と,ユーザー名の設定

    [image]
  4. PostgreSQL 12右クリックして,「Connect Server (接続)」を選ぶ.

    [image]
  5. パスワードを聞いてきたら,パスワードを与える.

    [image]
  6. 切断 するには,PostgreSQL 12右クリックして,「Disconnect Server (切断)」を選ぶ.

    [image]

データベース・一般ユーザのアカウント(ユーザ名とパスワード)作成

  1. pgAdmin 4 で,PostgreSQL に接続する.

    このとき,ユーザ名 pgadminで接続すること.

  2. (もし展開されていなければ)PostgreSQL 12展開

    オブジェクトブラウザで,PostgreSQL 12 の左横の「+」をクリックして,展開する.

    [image]
  3. Login/Group (ログイン/グループロール)」を右クリックして,「Create」の「Login/Group Role...」を選ぶ.

    [image]
  4. ユーザ名パスワードの設定.

    ユーザ名として testuser,パスワードとして hoge$#34hoge5 を設定したいときの操作は次の通り.

    [image]

    [image]

データベースの作成と権限の設定

  1. pgAdmin 4 で,PostgreSQL に接続する.

    このとき,ユーザ名 pgadminで接続すること.

  2. (もし展開されていなければ)PostgreSQL 12展開

    オブジェクトブラウザで,PostgreSQL 12 の左横の「+」をクリックして,展開する.

    [image]
  3. PostgreSQL 12」を右クリックして,「Create」の「Database...」を選ぶ.

    [image]
  4. データベースの作成とオーナの設定

    データベース名は testdb,オーナーは testuser,漢字コード(エンコーディング)UTF8 としてデータベースを作成したいときの操作は次の通り.

    [image]

    [image]

SQL の編集と実行,SQL 実行結果のファイル出力

使いたいデータベースを選び,Query ウインドウを開く. Query ウインドウを使って,SQL の編集と実行,PostgreSQL コマンドの実行ができる. SQL によるテーブルの定義と,問い合わせと,更新の実行例は下記の通り.

  1. pgAdmin 4 で,PostgreSQL に接続する.

    一般ユーザでログインすることが望ましい. (必要がないのに,PostgreSQL データベース管理者でログインすることは避ける)

  2. (もし展開されていなければ)PostgreSQL 12展開

    オブジェクトブラウザで,PostgreSQL 12 の左横の「+」をクリックして,展開する.

    [image]
  3. Databases (データベース)」を展開

    左横の「+」をクリックして,展開する.

    [image]
  4. データベースの選択

    データベースの一覧が出ているので,使いたいデータベースを選ぶ.

    [image]
  5. Query Tool」をクリック

    [image]
  6. SQL を用いたテーブル定義

    Query ウインドウが現れる.下記のような SQL を編集,実行できる.

    create table order_records (
        id            integer primary key not null,
        year          integer not null CHECK ( year > 2008 ),
        month         integer not null CHECK ( month >= 1 AND month <= 12 ),
        day           integer not null CHECK ( day >= 1 AND day <= 31 ),
        customer_name text not null,
        product_name  text not null,
        unit_price    real not null check ( unit_price > 0 ),
        qty           integer not null default 1 check ( qty > 0 ),
        created_at    timestamp with time zone not null,
        updated_at    timestamp with time zone,
        check ( ( unit_price * qty ) < 200000 ) );
    

    [image]
  7. SQL を用いたレコード挿入

    begin transaction;
    insert into order_records (id, year, month, day, customer_name, product_name, unit_price, qty) values( 1, 2020, 7, 26,  'kaneko', 'orange A', 1.2, 10 );
    insert into order_records (id, year, month, day, customer_name, product_name, unit_price, qty) values( 2, 2020, 7, 26,  'miyamoto', 'Apple M',  2.5, 2 );
    insert into order_records (id, year, month, day, customer_name, product_name, unit_price, qty) values( 3, 2020, 7, 27,  'kaneko',   'orange B', 1.2, 8 );
    insert into order_records (id, year, month, day, customer_name, product_name, unit_price) values( 4, 2020, 7, 28,  'miyamoto',   'Apple L', 3 );
    commit;
    

    [image]
  8. 確認表示

    select * from order_records;
    

    [image]

SQL 実行結果のファイル出力

上記で説明したQuery ウインドウで, 「Download as CSV/TXT」」と操作する.

[image]

Excel をインストール済みのときは Excel が開く.

[image]

ファイルに入った SQL の実行

上記で説明したQuery ウインドウで, 「Open File」をクリック.

[image]

テーブルの一覧表示と中身の表示と更新(行の追加,行の削除,値の更新)

テーブルの一覧表示

データベース内のテーブル一覧を表示するには, オブジェクトブラウザで, Schemas (スキーマ)publicTables (テーブル)を展開.

[image]

テーブルの中身の表示と更新(行の追加,行の削除,値の更新)

テーブルの一覧表示を行った後,テーブルを右クリックして, 「View/Edit Data」→「All Rows (全ての列を表示)」と操作すると,テーブルの中身が表示される.編集もできる.

[image]

[image]

このウインドウで,更新(行の追加,行の削除,値の更新)が簡単にできる.


本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]