トップページ -> インストール,設定,利用 -> Linux のインストール -> Fedora 32 のインストールと基本設定
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Fedora 32 のインストールと基本設定

 

Fedora 28 のインストール手順を図解で説明する.

先人に感謝

Distro Watch の Web ページ: https://distrowatch.com/table.php?distribution=Fedora

目次.

参考情報: Linux の Web ページ


準備

システム設定項目(事前に決めておく事項/調べておく事項)

設定項目 データ型 本 Web ページでの設定値
OS の種類 文字列 Fedora 32
初期ユーザのフルネーム 文字列 kunihiko kaneko
初期ユーザのユーザ名 文字列 kaneko
初期ユーザのパスワード 文字列 <秘密の文字列>

※ ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か

上記に書いた設定は、間違って入力した場合でも、あとで、修正できるので、あまり悩まないように。


Fedora 32 のダウンロード手順

  1. Fedora Web ページを開く

    http://fedoraproject.org/

  2. WORKSTATION の下の「いますぐダウンロード」をクリック

    [image]
  3. ダウンロード」をクリック

    [image]
  4. ダウンロードが始まるので確認する

    [image]
  5. DVD の作成

    ダウンロードした .iso イメージファイルを DVD に焼くか, rufus などを使って起動可能な USB メモリを作る.


Fedora 32 のインストール

  1. インストールの開始前に、ネットワークケーブルはつないでおく方がよい
  2. マシンの起動
  3. 起動画面

    [image]
  4. 起動がはじまるので確認する

    [image]
  5. ライブ起動かインストールかの選択画面

    インストールしたいので「Install to Hard Drive」を選ぶ

    [image]
  6. インストールに使用する言語の選択

    インストールに使用する言語の選択では, 日本語 (Japanese)を選び, 続行 (Next)をクリック

    [image]
  7. キーボード,日付と時刻,インストール先の確認と設定

    インストール先を設定したいので「インストール先」をクイック

    [image]
  8. インストール先を選ぶ

    [image]
  9. インストールの開始」をクリック

    [image]

    他の設定を変えることもできる.終わったら「インストールの開始」をクリック.

    [image]
  10. インストールが始まる

    [image]
  11. インストール終了の確認

    終了」をクリック.

    [image]
  12. インストールが終了したので再起動する

    [image]

    Restart」をクリック.

    [image]

再起動後の設定

  1. ようこそ画面では「次へ」をクリック

    [image]
  2. プライバシについての設定を行う

    適切なものを選び 「次へ」をクリック

    [image]
  3. オンラインアカウントの接続

    適切に設定するか,あるいは「スキップ」をクリック.

    [image]
  4. ユーザー情報の設定

    設定し,「完了」をクリック

    [image]
  5. パスワードの設定

    設定し,「次へ」をクリック

    [image]
  6. 設定の終了

    Fedora を使い始める」をクリック

    [image]

基本設定

レポジトリ設定ファイルの取得

sudo dnf install -y http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-$(rpm -E %fedora).noarch.rpm
sudo dnf install -y http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-$(rpm -E %fedora).noarch.rpm

システムの更新

 
sudo dnf check-update
sudo dnf -y update
sudo reboot

NTP による時刻合わせの有効化

sudo dnf install -y ntp ntpdate
sudo dnf install -y tzdata 
sudo systemctl stop ntpd
sudo systemctl stop ntpdate
sudo /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp
sleep 5 
sudo systemctl start ntpd
sleep 5 
sudo timedatectl set-ntp true

グループインストール

次の操作でグループ名を確認

LANG=C dnf group list

次のように,グループ名を指定してインストール

「System Tools」のところは,インストールしたいグループ名を指定すること.

sudo dnf group install "System Tools"

日本語環境

sudo dnf install -y fcitx fcitx-configtool mozc

不要なサービスの停止

下記の (a) または (b) の手順で行なう

(a) コマンドラインで行なう場合

※ 実行例を以下に示す.(不要なものだけを off にすること).

sudo systemctl list-unit-files -t service
sudo systemctl stop bluetooth 
sudo systemctl stop mdmonitor 
sudo systemctl stop nfs-server
sudo systemctl stop rpcbind 
sudo systemctl -t service 

(b) コマンドラインでなく、GNOMEのツールを使う場合

「システム (System)」→「管理 (Administration)」→「サービス (Services)」

  → 画面で稼働すべきサービスの設定を行なうことができる
     最後に「保存」ボタンを押すことを忘れない。

(オプション)NVidia ドライバ

NVidia のカードを使っているときは NVIDIA ドライバ (https://www.nvidia.com/download/index.aspx)のインストール を行う.



本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]