トップページ -> データベース研究スタート -> Linux のインストール,設定,運用保守,便利な使い方 -> Ubuntu で Dlib 19.15 のビルドとインストール
[サイトマップへ]  

Ubuntu で Dlib 19.15 のビルドとインストール

Dlib は,機械学習などのライブラリ. ごく一部を紹介すると次の機能がある


前準備

Ubuntu のシステム更新

Ubuntu のシステム更新を終わっておくこと

端末を開き、次を実行

sudo apt update
sudo apt -yV upgrade
sudo apt -yV dist-upgrade
sudo apt -yV autoremove
sudo apt autoclean
sudo shutdown -r now

Python 処理系の pip のインストール

pip をインストール(インストール済みのときは最新版に更新)する.

次のコマンドを実行.

cd /tmp
sudo rm -f get-pip.py
wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
sudo python3 get-pip.py

Ubuntu でのビルドに有用なソフトウエアのインストール

次のコマンドを実行.

sudo apt -yV install build-essential gcc g++ dpkg-dev pkg-config python3-dev python3-pip python3-numpy python-dev python-pip python-numpy 
sudo apt -yV install git make cmake cmake-curses-gui autoconf automake flex bison clang binutils curl
sudo apt -yV install libopenblas-dev liblapack-dev nvidia-cuda-dev 
sudo apt -yV install nvidia-cuda-toolkit 
sudo apt -yV install libxi-dev libsndfile1-dev libopenexr-dev libjpeg-dev libalut-dev libsdl-dev libavdevice-dev libavformat-dev libavutil-dev libavcodec-dev libswscale-dev libx264-dev libxvidcore-dev libmp3lame-dev libspnav-dev libglu1-mesa-dev libv4l-dev
sudo apt -yV install libbz2-dev libsqlite3-dev libssl-dev libreadline-dev libpng-dev libjpeg-dev libtiff-dev zlib1g-dev libx11-dev libgl1-mesa-dev libxrandr-dev libxxf86dga-dev libxcursor-dev libfreetype6-dev libvorbis-dev libeigen3-dev libopenal-dev libode-dev libbullet-dev libgtk2.0-dev
sudo apt -yV install libgtk-3-dev libatlas-base-dev gfortran 
sudo apt -yV install nvidia-cg-toolkit 

Dlib のソースコードのダウンロードとビルド

  1. Dlib の Web ページを開く

    http://dlib.net/

  2. Download dlib ver. 19.15」をクリック

  3. .bz2 ファイルがダウンロードされるので確認する.

    以下,/tmp にダウンロードしたとして説明する

  4. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.
    cd /tmp
    tar -xvjof dlib-19.15.tar.bz2
    

  5. cmake の実行とビルド

    プロセッサの AVS の機能を使いたいときは、cmake のオプションに「-DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES」を付ける.

    cd /tmp
    cd dlib-19.15 
    rm -rf build
    mkdir build
    cd build
    cmake .. -DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES ..
    cmake --build .
    

  6. 結果の確認

    エラーメッセージが出ていないこと.

  7. インストール
    sudo make install 
    

  8. 結果の確認

    エラーメッセージが出ていないこと.

  9. python の確認

    ※ Ubuntu システムの中のどの Python が使用されるかを事前に確認しておくため。

    which python3 
    

  10. ビルド
    cd /tmp
    cd dlib-19.15
    python3 setup.py build
    

  11. ビルド結果の確認

    エラーメッセージが出ないこと

  12. インストール
    sudo python3 setup.py install
    

  13. インストール結果の確認

    エラーメッセージが出ないこと

  14. python のimport で確認

    次のように実行

    pyenv を使う場合には「python3」の代わりに pytnon

    エラーメッセージが出ないこと

    python3
    import dlib
    print(dlib.__version__)
    exit()
    

pyenv を用いる場合のインストール手順

pyenv を使う場合の手順を説明します

Python 処理系の pip のインストール

pip をインストール(インストール済みのときは最新版に更新)する.

次のコマンドを実行

python -m pip install --upgrade pip

Dlib のソースコードのダウンロードとビルド

  1. Dlib の Web ページを開く

    http://dlib.net/

  2. Download dlib ver. 19.15」をクリック

  3. .bz2 ファイルがダウンロードされるので確認する.

    以下,/tmp にダウンロードしたとして説明する

  4. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.
    cd /tmp
    tar -xvjof dlib-19.15.tar.bz2
    

  5. cmake の実行とビルド

    プロセッサの AVS の機能を使いたいときは、cmake のオプションに「-DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES」を付ける.

    cd /tmp
    cd dlib-19.15 
    rm -rf build
    mkdir build
    cd build
    cmake .. -DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES ..
    cmake --build .
    

  6. 結果の確認

    エラーメッセージが出ていないこと.

  7. インストール
    sudo make install 
    

  8. インストール結果の確認

    エラーメッセージが出ないこと

  9. python の確認

    ※ どの Python が使用されるかを事前に確認しておくため。

    which python 
    

    次のように表示されたら pyenv を使っていることが確認できる

    このとき「pyenv versions」でインストールされている Python の種類を調べ、 「pyenv shell」でPython を切り替える。実行手順の例は次の通り.

  10. ビルド

    pyenv を使う場合.

    「pyenv shell」でPython を切り替える.ここでは anaconda3-5.2.0 にしている(pyenv versions で調べることができる).

    cd /tmp
    cd dlib-19.15 
    pyenv shell anaconda3-5.2.0
    python setup.py build
    

  11. ビルド結果の確認

    エラーメッセージが出ないこと

  12. インストール
    python setup.py install
    

  13. インストール結果の確認

    エラーメッセージが出ないこと

  14. import で確認

    次のように実行

    pyenv を使う場合には「python3」の代わりに pytnon

    エラーメッセージが出ないこと

    python
    import dlib
    exit()
    

付属のサンプルプログラムを実行してみる

書きかけ