トップページ人工知能,実世界DBBlender(3次元コンピュータグラフィックス・ソフトウエア)の機能と使用法SUMO を使ってみる

SUMO を使ってみる

SUMO は,さまざまな形態のオブジェクト(車両,公共交通機関,歩行者)の交通シミュレーションを行う.

などの機能がある. 次のアプリから構成される.

先人に感謝

Web ページ: http://www.dlr.de/ts/en/desktopdefault.aspx/tabid-9883/16931_read-41000

ダウンロードとインストール

  1. Web ページを開く http://www.dlr.de/ts/en/desktopdefault.aspx/tabid-9883/16931_read-41000/
  2. Downloads の下の「SUMO for Windows」をクリック

    [image]
  3. .msi ファイルがインストールされる.

    [image]
  4. ダウンロードした .msi ファイルを実行する
  5. ようこそ画面では,「Next」をクリック

    [image]
  6. ライセンス条項の確認

    [image]
  7. インストールディレクトリ(フォルダ)は既定(デフォルト)のままでよい.

    [image]
  8. インストールを開始したいので「Install」をクリック.

    [image]
  9. インストール終了の確認.「Finish」をクリック.

    [image]
  10. 試しに sumo-gui.exeを起動してみる.起動したらOK.

    チュートリアル等のダウンロードと展開(解凍)

    1. 今度は「SUMO manual, tutorial and examples」をクリック.

      [image]
    2. ZIPファイルのダウンロードが始まる.

      [image]
    3. ZIP ファイルを展開する.

      [image]

      チュートリアルを動かしてみる.

      • シミュレーション定義ファイル(道路のノードやエッジ,車両等の経路など): .xml 形式のファイル
      • シミュレーション設定ファイル: .sumcfg形式のファイル
      • シミュレーション出力ファイル: .dump 形式のファイル

      quickstart

      1. docs\tutorial\quickstart\data のファイルを確認

        [image]
      2. ノード(節)が記述されたファイル quickstart.node.xml の確認

        nodes タグと node タグを使用

        [image]
      3. エッジ(枝)が記述されたファイル quickstart.edg.xml の確認

        edges タグと edge タグを使用

        [image]
      4. ルート(車両等の移動体の経路)が記述されたファイル quickstart.rou.xml の確認

        routes タグ, vType タグ,routeタグ,vehicleタグを使用

        [image]
      5. コマンドでシミュレーションを実行.

        端末で,次のコマンドを実行.

        sumo -c quickstart.sumocfg --netstate-dump quickstart.dump
        

        [image]
      6. シミュレーション出力ファイルであるquickstart.dumpができる.

        [image]

        ※ SUMOに付属しているtraceExporter.py を用いて,ファイル変換できる

        次の手順は ns-2/ns-3 形式に変換している例

        sumo -c .\quickstart.sumocfg --fcd-output sumoTrace.xml
        python 'C:\Program Files (x86)\DLR\Sumo\tools\traceExporter.py' --fcd-input .\sumoTrace.xml --ns2mobility-output ns2mobility.tcl
        

        [image]
      7. sumo-gui -c quickstart.sumocfgを実行

        [image]
      8. 実行ボタン

        [image]

        ノード(節),エッジ(枝),ルート(車両等の経路),シミュレーション設定ファイルの例

        Hello

        <nodes>
            <node id="1" x="-250.0" y="0.0" />
            <node id="2" x="+250.0" y="0.0" />
            <node id="3" x="+251.0" y="0.0" />
        </nodes>           
        
        <edges>
            <edge from="1" id="1to2" to="2" />
            <edge from="2" id="out" to="3" />
        </edges>
        
        <routes>
            <vType accel="1.0" decel="5.0" id="Car" length="2.0" maxSpeed="100.0" sigma="0.0" />
            <route id="route0" edges="1to2 out"/>
            <vehicle depart="1" id="veh0" route="route0" type="Car" />
        </routes>
        
        <configuration>
            <input>
                <net-file value="hello.net.xml"/>
                <route-files value="hello.rou.xml"/>
            </input>
            <time>
                <begin value="0"/>
                <end value="10000"/>
            </time>
        </configuration>
        
        
        
        
        sumo -c quickstart.sumocfg --netstate-dump quickstart.dump
        sumo-gui -c quickstart.sumocfg