トップページ人工知能,実世界DB3次元グラフィックスのツール(モデラーとレンダラー)Maya を用いた人体アニメーション

Maya を用いた人体アニメーション

Maya は3次元コンピュータグラフィックスソフトウエア. このページでは,Maya の下記の機能について,実例を使って説明する.
  1. シーンファイルの読み込み

    File → Open Scene

    [image]

    [image]
  2. スケルトンのインポート

    File → Import

    モーションをマッピングしてあるスケルトンをインポートできる.

    [image]

    [image]
  3. モデルとスケルトンのバインド

    モデルとスケルトンを適切な関節位置、大きさに調整する

    [image]
  4. スケルトンを選択した後、Shiftキーを押しながらモデルを選択

    Skin → Bind Skin → Smooth Bind

    [image]
  5. スケルトンの動きに合わせてモデルも動くことを確認

    [image]
  6. モーションの編集

    モデルの動きが不自然な場合はモーションを編集する

    Skin → Edit Smooth Skin → Paint Skin Weights Tool

    [image]
  7. Smooth Bind では、付近にあるJointの動きに合わせてポリゴンが動く

    ポリゴンは近隣にある複数のJointの動きに影響を受ける

    Jointがポリゴンにおよぼす影響はポリゴンからの距離に依存する

  8. モデルを選択後、下の赤丸で示したボタンをダブルクリック

    [image]
  9. 下の赤丸で示した部分を使って,で編集の対象とするJointを選択

    濃淡色で表現されたモデルにおいて、Jointの影響を編集

    白:最も影響を受ける

    黒:最も影響を受けない

    [image]
  10. アニメーションのレンダリング

    カメラの作成

    Create → Cameras → Camera

    [image]
  11. カメラ位置のセッティング

    カメラを移動・回転させて、レンダリングする視点を決定する

    [image]
  12. 現在のフレームでレンダリングして確認

    Render → Render Current Frame

    [image]
  13. Render View

    レンダリングするカメラの選択

    Render → Render → camera1

    [image]

    [image]
  14. レンダリング内容の設定

    Windows → Rendering Editors → Render Globals

    [image]
  15. Image File Output の File/Animation Ext で ”#” のあるものを選択

    レンダリングするシーンのStart Frame と End Frame を指定

    Camera → camera1 を選択

    [image]
  16. シーンのレンダリング

    Render → Batch Render

    [image]