トップページ人工知能,実世界DBOpenCV のプログラム例Canny エッジ (Python を使用)

Canny エッジ (Python を使用)

前準備

Python のインストール,pip と setuptools の更新,Python 開発環境

Python の URL: http://www.python.org/

【Python, pip の使い方】

Python, pip は,次のコマンドで起動できる.

Python 開発環境のインストール】

Python 用 opencv-python 4.3 のインストール

Windows の場合

コマンドプロンプトで次のコマンドを実行

python -m pip install -U opencv-python

Ubuntu の場合

端末で次のコマンドを実行

sudo apt -y update
sudo apt -y install libopencv-dev python3-opencv
  • ラズベリーパイ の場合

    端末で次のコマンドを実行

    sudo apt -y update
    sudo apt -y install libopencv-dev python3-opencv python3-opencv-apps
    

    画像ファイル fruits.jpg, home.jpg のダウンロード

    画像ファイル fruits.jpg, home.jpg のダウンロード手順は,別ページで説明している.

    ※ 以下, 画像ファイルは「"/usr/local/image/」にあるものとして,プログラムを示す.

    https://github.com/opencv/opencv/tree/master/samples/data で公開されている fruits.jpg, home.jpg を使用する(謝辞:画像の作者に感謝します)

    Canny エッジ

    Python プログラムを動かす.

    Python プログラムを動かすために, Windows では「python」, Ubuntu では「python3」などのコマンドを使う.

    あるいは, 開発環境や Python コンソール(Jupyter Qt ConsoleSpyderPyCharmPyScripter など)の利用も便利である.

    あるいは,オンラインで動くGoogle Colaboratory のノートブックの利用も,場合によっては便利である.

    import numpy
    import matplotlib
    import cv2
    print cv2.__version__
    

    [image]

    Windows の場合には,「IMROOT="/usr/local/image/"」は、「IMROOT="C:/image/"」のように書き換えて実行する.

    import cv2
    import numpy
    import matplotlib
    import sys
    
    IMROOT="/usr/local/image/"
    img = cv2.imread(IMROOT + "fruits.jpg")
    cv2.namedWindow('lena')
    cv2.imshow('lena', img)
    cv2.waitKey(0)
    cv2.destroyAllWindows()  
    
    gray = cv2.cvtColor(img, cv2.COLOR_BGR2GRAY)
    thrs1 =1000
    thrs2 =10
    edge = cv2.Canny(gray, thrs1, thrs2, apertureSize=5)
    cv2.namedWindow('edge')
    cv2.imshow('edge', edge)
    cv2.waitKey(0)
    cv2.destroyAllWindows()  
    

    [image]