トップページ -> 実践知識 -> Java と Java 開発環境 Eclipse のインストールと操作の基本 -> FreeBSD に Eclipse をインストール(書きかけ)
[サイトマップへ]  

FreeBSD に Eclipse をインストール

金子邦彦研究室: データベース、人工知能(AI)、データサイエンスの融合により不可能を可能にする

FreeBSD で,Eclipse のダウンロードとインストールを行ないます.

Windows, Linux の場合は 別の Web ページ を見てください.


前準備

  1. /etc/rc.conf, /etc/make.conf, /etc/src.conf, 環境変数の設定

    「FreeBSD 基本設定」の Web ページなどを参考に行う.

  2. FreeBSD のソースコードとポーツ・ツリーの更新

    以下のようにコマンドを実行して,FreeBSD の全てのソースコードを更新します. このとき,同時に,ポーツ・ツリー (Ports Tree) の展開/更新も行われます(そのはずです)

     
    cd /usr/src
    make update
    

  3. (オプション)ports-mgmt/portupggrade のインストール

     
    cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade 
    make clean deinstall rmconfig
    make -j4
    make install
    
  4. (オプション)パッケージ・レジストリ・データベースと, ポーツ・インデックス・ファイルと, ポーツ・データベース・ファイルの生成/再構成

     
    portsdb -uU 
    pkgdb -aF 
    
  5. (オプション)portupggrade コマンドによるアプリケーションの全更新

     
    shutdown now
    portupgrade -aRv 
    sync
    sync
    sync
    sync
    sync
    reboot
    

前提となるソフトウエア

FreeBSD Foundation 版 Java のインストールが終わっていること.


FreeBSD での Eclipse のインストール (ポーツ・ツリーを使用)

ダウンロード

  1. FreeBSD の配布サイト

    http://ftp.riken.go.jp/pub/FreeBSD/distfiles/eclipse/ など

  2. eclipse-build-0.5.0.tar.bz2, eclipse-3.5.2-src.tar.bz2 のダウンロード

    ダウンロードしたファイルは /usr/ports/distfiles/eclipse に置く.

    ライセンス条項は各自で良く確認すること。再配布はやめましょう。

    下のように本家からダウンロードするという手段もある。

  3. ビルド

    cd /usr/ports/java/eclipse; make
    

    ※ 数十分かかる

  4. ビルド結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認する

  5. インストール

    make install
    

  6. ためしに起動してみる

    eclipse
    

    ◆ ワークスペースのディレクトリを設定する

    ◆ 起動画面が現れる

    使い方については別の Web ページ を見てください.

  7. (オプション)java/eclipse-langpack のビルド

    cd /usr/ports/java/eclipse; make
    

    ※ 数十分かかる

  8. (オプション)ビルド結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認する

  9. インストール

    make install