トップページ -> データベース関連技術 -> vivid を用いた 3次元顔画像の作成手順
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

vivid を用いた 3次元顔画像の作成手順

vivid は 3次元スキャナ


前準備

vivid 使用法の Web ページの記述に従って,次のことを終えていること

撮影方針

[image]

撮影画像の例

多方向の顔を撮影

[image]
右横

[image]
正面

[image]
左横

撮影時の注意事項


3次元顔画像の作成手順

複数方向から撮影した顔を統合したデータとする

  1. 穴埋めと不要な部分の除去

    穴埋めは空洞となっている箇所にマウスカーソルを持っていき、右クリック→穴埋め

    [image]
    穴埋め前
    [image]
    穴埋め後

    メッシュボタンを押し、メッシュ編集を行う. 不要な領域を選択→Deleteボタンで不要な部分を消していく

    [image]
    除去前
    [image]
    除去後
  2. 複数方向の顔画像の位置合わせ

    正面顔と右横顔の場合に指定する3点: 鼻頭と右の鼻横と右の目じり

    [image]

    正面顔と左横顔の場合に指定する3点: 鼻頭と左の鼻横と左の目じり

    [image]
  3. 複数方向の顔画像を合成

    [image]

    本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

    問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]