トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で NVIDIA CUDA ツールキット 10 のインストール
[サイトマップへ]  

Windows で NVIDIA CUDA ツールキット 10 のインストール

インストールし、動作確認を行います.Visual Studio 2017 を使う場合で説明します

CUDA ツールキット, cuDNN, GPU カードの詳細は http://docs.nvidia.com/cuda/cuda-installation-guide-microsoft-windows/

先人に感謝.

目次

  1. NVIDIA CUDA ツールキット 10 のダウンロードとインストール
  2. nvcc を動かしてみる(Microsoft Build Tools を使用)
  3. NVIDIA CUDA サンプルプログラムのビルドと実行

参考Webページ: https://docs.nvidia.com/cuda/cuda-installation-guide-microsoft-windows/index.html

マイクロソフト CNTK を使う予定がある場合:

https://docs.microsoft.com/en-us/cognitive-toolkit/Setup-CNTK-on-Windows の記載を確認しておく


前準備

前準備として、次のインストールを終えておくこと


NVIDIA CUDA ツールキット 10 のダウンロードとインストール

ここで設定する環境変数(自動設定される)

ダウンロードとインストールの手順

参考Webページ: http://docs.nvidia.com/cuda/cuda-quick-start-guide/index.html

  1. ウェブページを開く

    https://developer.nvidia.com/cuda-toolkit-archive

  2. 最新版を選ぶ

    2018年9月時点の最新版は 10

  3. Windows」,「10」「exe [local]」を選ぶ.

  4. まず,「Base Installer」の右横の「Download」をクリックして,.exe ファイルをダウンロード

  5. .exe ファイルがダウンロードされたことを確認.

  6. ダウンロードした .exe ファイルである「Base Installer」を実行する.

  7. 展開(解凍)先ディレクトリ(フォルダ)の指定.

    既定(デフォルト)のままでよい.「OK」をクリック.

  8. 展開(解凍)が自動で行われるので,しばらく待つ.

  9. ライセンス条項の確認

    同意できる場合に限り続行する

  10. インストールオプションは,「カスタム(詳細)」を選び,「次へ」をクリック.

  11. コンポーネントを確認する.既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

  12. インストール場所の選択は,既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

    ※ Visual Studio をインストールしていないときは、インストールが始まる前に確認表示が出る。

    Visual Studio をインストールする予定があるときは、ここで、CUDA のインストールを中止して、 Visual Studio のインストールを先に済ませた方が良い

  13. このとき,Windows セキュリティの画面が開くことがある.開いた場合には,「インストール」をクリック.

  14. インストールが始まるので,確認する.

  15. インストール開始後にエラーが出て、インストールが失敗に終わることがある。

    失敗したときは、もう1度、インストーラを起動し、 インストールするコンポーネントを必要なものに絞ってインストールするとうまくいく場合がある。

  16. このとき,ディスプレイアダプターのインストールが始まる場合がある.「インストール」をクリックして,インストールを続行する.

  17. Visual Studio がインストール済みのときは,Nsight for Visual Studio がインストールされたことが確認できる.確認したら「次へ」をクリック.

  18. インストール終了の確認.「閉じる」をクリック.

    ※ 「コンピュータを再起動してください」と表示される場合がある.そのときは,再起動する.

  19. GeForce Experience が自動で開く場合がある

  20. Windows のシステムの環境変数が自動で設定されていることを確認

  21. nvcc にパスが通っていることを確認する

    Windowsのコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行.

    where nvcc
    

nvcc を動かしてみる(Microsoft Build Tools を使用)

前準備

前準備として、次のインストールを終えておくこと

Microsoft Build Tools を使ってみる

  1. C/C++ をコマンドで使いたいので,Visual Studio Tools の Native Tools コマンドプロンプトを起動する

    ※ 起動は,Windows のスタートメニューで「Visual Studio 2017」の下の「VS 2017用 x64 Native Tools コマンドプロンプト」を起動する

    ※ 32ビットのNative Tools コマンドプロンプトでは nvcc が動かないので注意.

    以下の操作は,Native Tools コマンドプロンプトで行う

  2. 確認のため,VS 2017用 x64 Native Tools コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    エラーメッセージが出ていないことを確認.

    where cl 
    

  3. コンパイラの確認を行いたい.

    エディタを使って次のプログラムファイルを作成。「hello.c」のようなファイル名で保存.

    #include <stdio.h>
    int main() {
        printf("Hello,World!\n");
        printf("sizeof(size_t)=%d\n", sizeof(size_t));
        return 0;
    }
    

  4. 引き続き,VS 2017用 x64 Native Tools コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    結果として,「Hello,World!」「sizeof(size_t)=8」と表示されればOK.

    cl hello.c
    .\hello.exe
    

nvcc の動作確認

  1. 今度は nvccの確認のため, https://devblogs.nvidia.com/easy-introduction-cuda-c-and-c/に記載のソースコードを使用.

    エディタで hoge.cuのようなファイル名で保存.

  2. ビルドと実行.

    VS 2017 用 x64 Native Tools コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    「nvcc hoge.cu」で a.exp というファイルができる. 「Max error: 0.000000」と表示されればOK.

    nvcc hoge.cu
    
    .\a.exe
    

NVIDIA CUDA サンプルプログラムのビルドと実行

付属のサンプルプログラムを Visual Studio 2017 C++ を用いてビルドし実行してみる.

前準備

前準備として、次のインストールを終えておくこと

※msbuild.exe が使えるかもしれない(時間がとれたら確認したい)

以下、 Windows で、Visual Studio Community 2017 のインストールが終わっているとして説明を続けます

Visual Studio 2017 を使いビルドする

  1. C:\ProgramData\NVIDIA Corporation\CUDA Samples\v10.0 を開く

  2. 自分が持っている Visual Studio のバージョンにあった sln ファイル(ソリューションファイル)を開く.

  3. ソリューションファイルを確認.Samples_vs2017.slnを開く.

  4. ソリューションエクスプローラーの「ソリューション 'Sample_vs2017' (161プロジェクト)」をクリックすると,下にプロパティが表示されるので確認する.

  5. ビルドする前に、 右クリックメニューで、 「ソリューションの再ターゲット」を選ぶ.

  6. Visual Studio 2017 の「ビルド」メニューを開き,「ソリューションのビルド」を選ぶ.

    SDK のバージョンに起因するエラーを回避するための操作

  7. 画面の下にある Visual Studio 2017 のコンソールを見て,ビルドの終了を確認.

    ※ ビルドの終了まで待つ.

  8. プログラムができる.いくつかを実行してみる.

    プログラムの場所は C:\ProgramData\NVIDIA Corporation\CUDA Samples\v10.0\bin\win64\Debug

    devicequery.exe

    BicubicTexture.exe

    BilateralFilter

    stereoDisparity

    imageDenosing.exe, ノイズの除去(Image Denosing with knn, nlm, modified nlm filters)

    Volume Filtering

以下、書きかけ

Build Tools を使っているとき、次のようなエラーメッセージが出る場合がある

次のように、ファイルをコピーする